視力改善 ルテイン

ルテインが視力改善に働きかける仕組み

疲れ目 サプリランキング

 

現代ではパソコンやスマホが当たり前となっており、長時間の使用のために
目の疲れや視力の低下を訴える人たちが急増しています。

 

画面から放出されるブルーライトは、眼精疲労の大きな原因となるため、
目の疲れを改善させるために食生活に気を付けたり、それでも足りない
場合はサプリで補ったりしている人たちも少なくありません。

 

目に良いとされている成分で代表的なものとして、ルテインが挙げられます。

 

ルテインには高い抗酸化力が備わっており、体内から活性酸素を
排出させる働きがあり、白内障や緑内障、加齢黄斑変性といった
目の病の予防に効果が期待できます。

 

また、目に存在している全ての組織にルテインが含まれているということから、
目の働きを改善させる効果が期待できることがわかっています。

 

特にレンズの役割を持っている水晶体にルテインが多く含まれているため、
摂取し続けることで視力回復にも効果が期待できるといわれています。

 

さらに、紫外線やブルーライトといった外部からの刺激から
網膜を守る働きもあり、瞳にとって有効な成分であるといえます。

 

ルテインは数多くの食品に含まれていますが、特に豊富に含まれているのは
ほうれん草やケールなどの緑黄色野菜といわれています。

 

普段の食事で緑黄色野菜を口にすることで、ルテインを体内へ摂取することが
可能となりますが、加齢に伴い体内のルテインの量は減少してしまいます。

 

そのため、食事だけでは補えない場合にサプリが強い味方となります。

関連ページ

ビルベリーが視力改善に働きかける仕組み
本や新聞などを読んでいる時ピント調節が難しかったり、目の症状が気になる人も多いでしょう。カスミ目や疲れ目、何とかしたいものです。なるべく自然の物で改善を狙うなら、食品に目を向けてみましょう。目に良いとされている食品は多くありますが、注目したいのが「ビルベリー」です。
ゼアキサンチンが疲れ目に働きかける仕組み
ゼアキサンチンは、野菜に含まれている天然色素のことで、視力回復の効果が期待できる栄養素です。ゼアキサンチンは、体内に摂取されたルテインが代謝によってできた成分なので、ルテインと同じように優れた抗酸化作用があります。
ブルーベリーが視力改善に働きかける仕組み
ブルーベリーのアントシアニンは、食後約4時間程経過すると効果が出てくるというデータがあり、 その効果は24時間持続すると言われています。 ブルーベリーを継続的に食べることで疲れ目が解消されていくことは間違いないでしょう。
紅イモが疲れ目に良い理由と働き
紅イモに含まれるアントシアニンの量は、なんとブルーベリーの約4倍といわれているのです。疲れ目を解消する効果が抜群なので、目を酷使している方は積極的に摂るようにするといいです。