疲れ目 ブルーベリー

ブルーベリーが視力改善に働きかける仕組み

疲れ目 サプリランキング

 

近年では、職場でも学校でも、一日中パソコンに向かっている人が増えてきています。

 

「疲れ目」は、そんな人に顕著に表れます。
代表的な症状としては、ドライアイがあげられます。
瞬きの回数が減り、眼球表面にまで涙が行き渡らなくなります。

 

人間は、『ロドプシン』という物質によって視覚を得ています。
ロドプシンの働きが低下すると、眼精疲労の症状が出てしまいます。
これを避けるためには、ロドプシン再生を促進していくことが大切です。

 

ブルーベリーに含まれる『アントシアニン』という成分は、
ロドプシンの再生を促す効果があります。
そして、アントシアニンは紫外線から目を守るという効果もあるのです。

 

また、アントシアニンには
血行促進作用もありますので、疲れた目に栄養を運ぶ役目も果たします。

 

しかし、このアントシアニンは熱に弱く、長期保存ができません。

 

摂取後も体内に蓄積されにくいので、
毎日少しずつ摂り続けることで効果を発揮します。

 

ブルーベリーのアントシアニンは、
食後約4時間程経過すると効果が出てくるというデータがあり、
その効果は24時間持続すると言われています。

 

ブルーベリーを継続的に食べることで
疲れ目が解消されていくことは間違いないでしょう。

 

目の疲れは、現代の日本では誰もが抱える問題だと言っても過言ではありません。

 

ゆえに多くの人が、疲れ目をついつい軽視しているようですが、
目は人間にとってとても重要なパーツであり、
目を患うことによるストレスは多大です。

 

日頃のケアをしっかりしていくことで、ストレスのない生活を心がけたいものです。

 

関連ページ

ルテインが視力を回復するのは何故?
目に良いとされている成分で代表的なものとして、ルテインが挙げられます。ルテインには高い抗酸化力が備わっており、体内から活性酸素を排出させる働きがあり、白内障や緑内障、加齢黄斑変性といった目の病の予防に効果が期待できます。
ビルベリーが視力改善に働きかける仕組み
本や新聞などを読んでいる時ピント調節が難しかったり、目の症状が気になる人も多いでしょう。カスミ目や疲れ目、何とかしたいものです。なるべく自然の物で改善を狙うなら、食品に目を向けてみましょう。目に良いとされている食品は多くありますが、注目したいのが「ビルベリー」です。
ゼアキサンチンが疲れ目に働きかける仕組み
ゼアキサンチンは、野菜に含まれている天然色素のことで、視力回復の効果が期待できる栄養素です。ゼアキサンチンは、体内に摂取されたルテインが代謝によってできた成分なので、ルテインと同じように優れた抗酸化作用があります。
紅イモが疲れ目に良い理由と働き
紅イモに含まれるアントシアニンの量は、なんとブルーベリーの約4倍といわれているのです。疲れ目を解消する効果が抜群なので、目を酷使している方は積極的に摂るようにするといいです。