疲れ目 紅芋

紅イモが視力回復に良い理由と働き

疲れ目 サプリランキング

 

現代人は、携帯を長時間使ったり、
仕事などのデスクワークが原因で目を酷使している人は多いです。

 

実は、昨今、紅イモが、疲れ目を解消して
視力の回復も期待できると注目されているのです。

 

そもそも紅イモとは、沖縄原産の紫色のお芋のことです。
沖縄の人にとって、天ぷらやコロッケ等に調理して食べられる
野菜として人気です。

 

そんな紅イモに視力回復効果のある理由は、
アントシアニンが大量に含まれているからです。

 

そもそも紅イモの見た目の濃い紫色は、アントシアニンの色なのです。
人間が物を見ることができるのは、目の網膜の中にあるロドプシンという
色素のおかげです。

 

このロドプシンが分解することで、
網膜に映った映像が脳に伝達されて物を見ることができます。

 

そして、分解されたロドプシンは再び合成されて、同じ役割を果たします。
ですが、デスクワークや携帯などで目を使いすぎると、次第にロドプシンが
合成されにくくなっていきます。

 

その結果、働きが鈍くなるので、かすんだりして物が見えにくくなってしまうのです。

 

その点、紅イモに含まれるアントシアニンには、
ロドプシンをサポートしてくれる働きがあります。

 

その他にも、血行を促す作用もあるので、
目に必要な栄養が届きやすくなります。

 

したがって、疲れ目を回復させて、視力回復へと導いてくれるというわけです。
アントシアニンというと、ブルーベリーに多く含まれているとイメージされる方は
多いです。

 

実は、紅イモに含まれるアントシアニンの量は、
なんとブルーベリーの約4倍といわれているのです。

 

疲れ目を解消する効果が抜群なので、
目を酷使している方は積極的に摂るようにするといいです。

関連ページ

ルテインが視力を回復するのは何故?
目に良いとされている成分で代表的なものとして、ルテインが挙げられます。ルテインには高い抗酸化力が備わっており、体内から活性酸素を排出させる働きがあり、白内障や緑内障、加齢黄斑変性といった目の病の予防に効果が期待できます。
ビルベリーが視力改善に働きかける仕組み
本や新聞などを読んでいる時ピント調節が難しかったり、目の症状が気になる人も多いでしょう。カスミ目や疲れ目、何とかしたいものです。なるべく自然の物で改善を狙うなら、食品に目を向けてみましょう。目に良いとされている食品は多くありますが、注目したいのが「ビルベリー」です。
ゼアキサンチンが疲れ目に働きかける仕組み
ゼアキサンチンは、野菜に含まれている天然色素のことで、視力回復の効果が期待できる栄養素です。ゼアキサンチンは、体内に摂取されたルテインが代謝によってできた成分なので、ルテインと同じように優れた抗酸化作用があります。
ブルーベリーが視力改善に働きかける仕組み
ブルーベリーのアントシアニンは、食後約4時間程経過すると効果が出てくるというデータがあり、 その効果は24時間持続すると言われています。 ブルーベリーを継続的に食べることで疲れ目が解消されていくことは間違いないでしょう。